てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「センター走る必要ない」の割り切りが生む伊藤沙莉の個性

公開日: 更新日:

「ずっと端、端できて、センター育ちじゃないから、こちとら」(伊藤沙莉フジテレビ「ボクらの時代」4月21日放送)

 NHKの朝ドラ「ひよっこ」の米子役など、ハスキーな声でコミカルな役柄を演じることが多い伊藤沙莉(25)。いまや、映画・ドラマに欠かせない名バイプレーヤーのひとりだ。そんな彼女が自虐的に話した言葉を今週は取り上げたい。伊藤は続けて「だから、ここを取り合わなきゃっていうのがないからこそ、今度はコイツが頂点か、よろしくな、ぐらいの感じ」と語った。

 伊藤は2003年、9歳の頃にドラマ「14ヶ月」(日本テレビ)で子役として女優デビュー。35歳の女性が体だけ子供になったという設定の難役を演じ、ドラマファンから「天才子役あらわる!」と評判になった。

 けれど、中学になると、学校でのあだ名は「売れない子役」だった。神木隆之介ら華々しく活躍する同世代の子役たちに比べ地味な役回りが多かったからだ。そんな彼女の名を再び印象づけたのが05年の「女王の教室」(日本テレビ)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る