てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「センター走る必要ない」の割り切りが生む伊藤沙莉の個性

公開日: 更新日:

「ずっと端、端できて、センター育ちじゃないから、こちとら」(伊藤沙莉/フジテレビ「ボクらの時代」4月21日放送)

 NHKの朝ドラ「ひよっこ」の米子役など、ハスキーな声でコミカルな役柄を演じることが多い伊藤沙莉(25)。いまや、映画・ドラマに欠かせない名バイプレーヤーのひとりだ。そんな彼女が自虐的に話した言葉を今週は取り上げたい。伊藤は続けて「だから、ここを取り合わなきゃっていうのがないからこそ、今度はコイツが頂点か、よろしくな、ぐらいの感じ」と語った。

 伊藤は2003年、9歳の頃にドラマ「14ヶ月」(日本テレビ)で子役として女優デビュー。35歳の女性が体だけ子供になったという設定の難役を演じ、ドラマファンから「天才子役あらわる!」と評判になった。

 けれど、中学になると、学校でのあだ名は「売れない子役」だった。神木隆之介ら華々しく活躍する同世代の子役たちに比べ地味な役回りが多かったからだ。そんな彼女の名を再び印象づけたのが05年の「女王の教室」(日本テレビ)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る