女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

公開日: 更新日:

 紆余曲折を経て、反町と松嶋は01年に結婚。“世紀の大カップル”と騒がれたが、02年にNHK大河「利家とまつ」に主演し“大女優”の階段を駆け上る妻とは対照的に、反町は露出を減らしていった。

「停滞期に反町はイクメンとして子供たちの世話をしながら過ごしました。その間は松嶋が家計を支えていたようなものです。そんな反町のことを芸能マスコミは“マスオさん状態”と揶揄し、11年には反町が飼っていた愛犬が近所のマンション住人を噛んで大ケガをさせる“ドーベルマン事件”も起きました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 そんな反町は15年にドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の“4代目”に抜擢されたことで転機を迎える。当初は、反町の演技に懐疑的だったという主演の水谷豊も反町の熱心さにほだされ、反町は4シーズンにわたり“相棒”を務めることになった。前後して、メディアに散々痛い目に遭わされた反町の対応にも変化が表れ始めたという。前出のベテラン記者が明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  4. 4

    れいわ新撰組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る