女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

公開日: 更新日:

 体調不良で路上で動けなくなった女性を救護して自宅まで送り届け、名前も告げずにその場を立ち去る男前エピソードが明らかになった反町隆史(45)。その直後に実に4年半ぶりとなる主演ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の放送をテレビ東京が発表。“番宣か?”と一瞬、疑惑の目が向けられたが、反町のことを長年取材してきたベテラン芸能記者は「リアルにいいヤツですよ」と語る。

 ただ、反町を語る上で欠かせないのがヤンチャな頃のエピソードだ。

 1997年にドラマ「ビーチボーイズ」(フジテレビ系)で共演した女優・稲森いずみ(47)と結婚間近とも言われたが、翌98年に「GTO」(同)で松嶋菜々子(45)と共演すると電光石火で乗り換えようとした。

「反町と稲森の関係を知っていた松嶋は、稲森と別れるまでは交際をしないと交際を断ったそうです。一方、松嶋にアタックしていたことがバレた反町は稲森にマンションから閉め出されたり、別れるまでに1年もかかった。稲森と反町、松嶋の事務所が三つ巴となる大騒動になりました」(前出のベテラン記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る