女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

公開日: 更新日:

 体調不良で路上で動けなくなった女性を救護して自宅まで送り届け、名前も告げずにその場を立ち去る男前エピソードが明らかになった反町隆史(45)。その直後に実に4年半ぶりとなる主演ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の放送をテレビ東京が発表。“番宣か?”と一瞬、疑惑の目が向けられたが、反町のことを長年取材してきたベテラン芸能記者は「リアルにいいヤツですよ」と語る。

 ただ、反町を語る上で欠かせないのがヤンチャな頃のエピソードだ。

 1997年にドラマ「ビーチボーイズ」(フジテレビ系)で共演した女優・稲森いずみ(47)と結婚間近とも言われたが、翌98年に「GTO」(同)で松嶋菜々子(45)と共演すると電光石火で乗り換えようとした。

「反町と稲森の関係を知っていた松嶋は、稲森と別れるまでは交際をしないと交際を断ったそうです。一方、松嶋にアタックしていたことがバレた反町は稲森にマンションから閉め出されたり、別れるまでに1年もかかった。稲森と反町、松嶋の事務所が三つ巴となる大騒動になりました」(前出のベテラン記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る