「誘拐法廷」もパッとせず…松嶋菜々子に忍び寄る“落日”

公開日: 更新日:

 女優の松嶋菜々子(45)が主演したテレビ朝日系ドラマスペシャル「誘拐法廷~セブンデイズ~」が放送されたのは今月7日のこと。同ドラマは、韓国の大ヒット映画「セブンデイズ」の日本版で、一人娘を誘拐された敏腕弁護士・天吹芽依子(松嶋)が、最愛の娘を取り返すために、弁護士の倫理に抵触しかねないギリギリのラインで証拠集めに奔走するノンストップサスペンスだ。

 劇中で松嶋は体当たりのアクションにも挑戦するなど、熱演していたのだが視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とビミョーな数字に終わってしまった。

「裏番組が特に強力なわけでもなかったので正直物足りない。かつては『視聴率女王』と呼ばれた松嶋なら15%は欲しかった」(テレ朝関係者)

 01年に反町隆史(44)と結婚後、産休などを経て仕事をセーブした時期もあった松嶋だが、11年の主演ドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)が最終話で視聴率40.0%を記録するなど大ヒット。そのまま再ブレークを果たすと思われたがその後はパッとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る