「誘拐法廷」もパッとせず…松嶋菜々子に忍び寄る“落日”

公開日:

 女優の松嶋菜々子(45)が主演したテレビ朝日系ドラマスペシャル「誘拐法廷~セブンデイズ~」が放送されたのは今月7日のこと。同ドラマは、韓国の大ヒット映画「セブンデイズ」の日本版で、一人娘を誘拐された敏腕弁護士・天吹芽依子(松嶋)が、最愛の娘を取り返すために、弁護士の倫理に抵触しかねないギリギリのラインで証拠集めに奔走するノンストップサスペンスだ。

 劇中で松嶋は体当たりのアクションにも挑戦するなど、熱演していたのだが視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とビミョーな数字に終わってしまった。

「裏番組が特に強力なわけでもなかったので正直物足りない。かつては『視聴率女王』と呼ばれた松嶋なら15%は欲しかった」(テレ朝関係者)

 01年に反町隆史(44)と結婚後、産休などを経て仕事をセーブした時期もあった松嶋だが、11年の主演ドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)が最終話で視聴率40.0%を記録するなど大ヒット。そのまま再ブレークを果たすと思われたがその後はパッとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る