「誘拐法廷」もパッとせず…松嶋菜々子に忍び寄る“落日”

公開日: 更新日:

 女優の松嶋菜々子(45)が主演したテレビ朝日系ドラマスペシャル「誘拐法廷~セブンデイズ~」が放送されたのは今月7日のこと。同ドラマは、韓国の大ヒット映画「セブンデイズ」の日本版で、一人娘を誘拐された敏腕弁護士・天吹芽依子(松嶋)が、最愛の娘を取り返すために、弁護士の倫理に抵触しかねないギリギリのラインで証拠集めに奔走するノンストップサスペンスだ。

 劇中で松嶋は体当たりのアクションにも挑戦するなど、熱演していたのだが視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とビミョーな数字に終わってしまった。

「裏番組が特に強力なわけでもなかったので正直物足りない。かつては『視聴率女王』と呼ばれた松嶋なら15%は欲しかった」(テレ朝関係者)

 01年に反町隆史(44)と結婚後、産休などを経て仕事をセーブした時期もあった松嶋だが、11年の主演ドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)が最終話で視聴率40.0%を記録するなど大ヒット。そのまま再ブレークを果たすと思われたがその後はパッとしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る