天覧演芸で美智子さまから「秋」と「子守歌」のお題を

公開日: 更新日:

 寄席で落語以外の芸を色物という。漫才、講談、奇術、太神楽(曲芸)、音曲などがそうで、紙切りもそのひとつである。林家正楽は毎日のように寄席の客席から注文を取り、どんなものでも短時間で切ってしまう。その技術はまさに名人芸と言える。

 今回は正楽の話にまつわる作品を連日掲載するのでお楽しみいただきたい。まずは令和に入って増えた注文の話から。

「4月1日から『新元号』という注文が増えましたね。そこで菅官房長官が発表した場面を切りました。令和という文字を入れて。それと、新天皇の即位の儀式とか天皇皇后両陛下という注文もあります。おそれ多くもお姿を切らせていただきました。実は皇室の方々とは面識があるんですよ」と4年前の新聞記事を見せてくれた。産経新聞の「皇室ウイークリー」という連載記事中、正楽が東宮御所において皇族に紙切りを披露したことが報じられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る