三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

収入以上の“舌”に…落語家にはなぜグルメが多いのかって?

公開日: 更新日:

 時代が令和になっても浅草演芸ホールの前で林家木久扇師匠がラーメンを売る光景は、昭和、平成から変わらないことを感じさせたゴールデンウイークでしたね。どうも、埼玉ではラジオパーソナリティーとしての知名度の方が高い三遊亭鬼丸です。

 ところで、世間から落語家は舌が肥えてるなんて思われてるかもしれませんが、確かに舌の肥えた落語家は多いかもしれません。木久扇師匠も売り物のラーメンはさておいて(おくの?)、スゴいグルメですからね。あと有名無名を問わず師匠方も総じてグルメが多いですよ。何でかなって考えると、おいしいもの食べるチャンスが多いからじゃないですかねぇ。

 かくいう私も前座修業中から師匠のお供で日本中に行かせてもらい、その土地土地のおいしいものを食べさせていただきました。あと年に2回、落語協会の総会が一流ホテルで催されますが、そこでも若いころから一流お料理のバイキングに接することができ「寄席に行かなきゃいけない前座はカレー食べて早く帰れ」なんて言われてカレーライスを大盛りにして食べるのが当たり前でしたが、のちに1杯2000円することを知ってビックリしました。打ち上げの機会も多いし、さらにご贔屓、我々はお旦と言いますが、芸人を贔屓にしようという方ですからいい店知ってるんですよ。こうして収入以上の舌を持つ芸人が育っていくんですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る