二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

令和の芸能界の行方は…芸人のタレント化か伝統芸の復活か

公開日: 更新日:

「最近の芸人は芸を見せなくなった」と嘆いていたのは、先月亡くなった医療漫談家のケーシー高峰さん(享年85)だった。改めてケーシーさんの漫談をユーチューブで見ると、世代も時代も超えて笑える芸がある。「笑わせてナンボ」といわれる芸人の世界とはいえ、「プロ」の凄さを痛感する。昭和はそんな芸人であふれ、競い合っていた。常に新しいネタを追求しないと、仕事も人気もなくなる厳しい世界でもあった。

 平成に入ると一転、芸人の芸を見る機会が減った。芸人が本来のネタを見せるのはお笑いの特番ぐらいで、もっぱら見るのはトークを中心としたバラエティー番組。芸人ではなくタレントとしての活動である。芸人はタレントになるための手段でしかなくなっているように見える。これも時代の流れとはいえ、芸人の大半はタレント活動が中心。どんな漫才をしていたのかも忘れてしまうほどだ。今や芸人の定席もひな壇。演芸場の舞台の上ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る