二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

令和の芸能界の行方は…芸人のタレント化か伝統芸の復活か

公開日: 更新日:

「最近の芸人は芸を見せなくなった」と嘆いていたのは、先月亡くなった医療漫談家のケーシー高峰さん(享年85)だった。改めてケーシーさんの漫談をユーチューブで見ると、世代も時代も超えて笑える芸がある。「笑わせてナンボ」といわれる芸人の世界とはいえ、「プロ」の凄さを痛感する。昭和はそんな芸人であふれ、競い合っていた。常に新しいネタを追求しないと、仕事も人気もなくなる厳しい世界でもあった。

 平成に入ると一転、芸人の芸を見る機会が減った。芸人が本来のネタを見せるのはお笑いの特番ぐらいで、もっぱら見るのはトークを中心としたバラエティー番組。芸人ではなくタレントとしての活動である。芸人はタレントになるための手段でしかなくなっているように見える。これも時代の流れとはいえ、芸人の大半はタレント活動が中心。どんな漫才をしていたのかも忘れてしまうほどだ。今や芸人の定席もひな壇。演芸場の舞台の上ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る