山田邦子“乱心”の裏に働き方改革 マネの現場不在が常態化

公開日: 更新日:

 タレントの山田邦子(58)の事務所独立騒動は、その後残留を公言したが、今回のように大御所が乱心した理由にマネジメント側の「働き方改革」があるという。

 山田と事務所の溝を深めたきっかけは山田が名取・杵屋勝之邦を披露する会に事務所から誰ひとり来なかったことだった。マネジャーとタレントとは運命共同体なんて今は昔。“働き方改革”のためにマネジャーが現場に来ない、途中で帰ってしまうのが常態化しているという。

「ベテランの方こそ、ひとりで現場に来て、ひとりで帰るというのはよくありますね。しっかりした若手だと、初めての現場にタレントがひとりで来ることもある。最近、そういう“ぼっち”タレントのアテンドはテレビ局に丸投げで困るんです」(テレビ関係者)

 芸能事務所も新卒者が安定を求めて入社してくる企業になり、マネジャーもプライベートを尊重する時代。とはいえ、彼らを食わせているのはタレントなのにと憤りを隠せないのが山田の立場である。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る