二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

渡辺プロ<1>芸能ビジネスの原型つくった渡辺晋の創業理念

公開日: 更新日:

 芸能ビジネスのルーツは1950年代にまで遡る。現在、芸能プロは都内だけでも優に100は超え世間にも認知されるビジネスだが、当時は役者や芸人と称される芸能人に対して、偏見の目で見られ地位も低く見られていた。そんななか、「芸能人の地位向上、待遇改善」と立ち上がったのが、ジャズバンドをなりわいとしていた故・渡辺晋氏だった。自ら冷や飯を食った経験から晋氏は妻や知人と共にミュージシャンらの地位向上を図るべく、出演交渉からギャラなどを取り決め、さらにレコードや番組を制作して興行収入が入る仕組みを構築。現在の芸能ビジネスモデルの原型をつくった。1959年、名字をそのまま社名にした「渡辺プロダクション」(現・ワタナベエンターテインメント)を設立。初期にはハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ピーナッツらが所属。ビジネスを拡大していった。

「歌手の供給だけでなく、どうしたら面白い番組を作れるか、ナベプロの人のほうが精通していた。そのため、晋氏の自宅にテレビ局のスタッフが“ナベプロ詣で”し、日夜、会議を開いていた。車座になって侃々諤々、朝方まで討論したものです」(元テレビ局社員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る