二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

渡辺プロ<1>芸能ビジネスの原型つくった渡辺晋の創業理念

公開日: 更新日:

 芸能ビジネスのルーツは1950年代にまで遡る。現在、芸能プロは都内だけでも優に100は超え世間にも認知されるビジネスだが、当時は役者や芸人と称される芸能人に対して、偏見の目で見られ地位も低く見られていた。そんななか、「芸能人の地位向上、待遇改善」と立ち上がったのが、ジャズバンドをなりわいとしていた故・渡辺晋氏だった。自ら冷や飯を食った経験から晋氏は妻や知人と共にミュージシャンらの地位向上を図るべく、出演交渉からギャラなどを取り決め、さらにレコードや番組を制作して興行収入が入る仕組みを構築。現在の芸能ビジネスモデルの原型をつくった。1959年、名字をそのまま社名にした「渡辺プロダクション」(現・ワタナベエンターテインメント)を設立。初期にはハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ピーナッツらが所属。ビジネスを拡大していった。

「歌手の供給だけでなく、どうしたら面白い番組を作れるか、ナベプロの人のほうが精通していた。そのため、晋氏の自宅にテレビ局のスタッフが“ナベプロ詣で”し、日夜、会議を開いていた。車座になって侃々諤々、朝方まで討論したものです」(元テレビ局社員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る