二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

山田邦子の一件で見えた ベテランお笑いタレントの難しさ

公開日: 更新日:

「事務所は私に全然関心がない」と自身のブログで事務所に対しての不満をぶちまけたタレントの山田邦子(58)。芸能界も一般社会のように会社に不満を持つ者はいるが、唐突に事務所とのギクシャクした関係をタレントから明らかにするのは珍しい。さっそく「なにがあったの」と業界内からも疑問視する声が飛んでいる。一説には、すでに事務所からの独立を進めているとの話も出ているが、先に不満を公にして独立することに意味はあったのだろうか――。

 山田は短大時代にバスガイドのモノマネなどをきっかけに芸能界入り。1980年代に女ピン芸人の先駆者として冠番組を持つなど目覚ましい活躍をした。そこには本人の才能だけでなく山田の魅力を引き出し、サポートした老舗の「太田プロ」の力もあった。事務所の力なくしてタレントは育たないし、タレントを売らなければ事務所の経営も成り立たない。お互い“ウィンウィン”の関係なら問題は起こりにくいが、浮き沈みの激しい芸能界。人気に陰りが来れば仕事も減る。ライバルの出現でトップの座も奪われる。そこにミゾが生まれ衝突が起きる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  3. 3

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  4. 4

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

  8. 7

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  9. 8

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    安倍内閣支持率38.2% 第2次政権発足後で最低 読売も3割台

もっと見る