「フラガール」炭鉱町で女たちはフラダンスに人生を賭けた

公開日: 更新日:

2006年 李相日監督

 蒼井優山里亮太が結婚した。この「フラガール」で蒼井と共演した山崎静代から山里が紹介を受けたというから、人間どこにチャンスがあるか分からない。本作は常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)創業時のフラダンサーの物語だ。

 1965年、福島県の炭鉱町。炭鉱が次々と閉鎖される中、会社はセンターをつくり、地元の女性をダンサーに育成しようとする。集まったのは紀美子(蒼井)や小百合(山崎)ら素人ばかり。東京のSKDダンサーだった平山まどか(松雪泰子)を指導者に迎えてレッスンが始まるが、紀美子はまどかに突っかかり、母親に猛反対されて家出する。親友の早苗(徳永えり)は父親が整理解雇されたため北海道に引っ越し。キャンペーン巡業では落盤事故の知らせを受けるのだった……。

 花の咲かない寒々しい景色の中、町や炭鉱作業員は地味な色調でフラダンサーは艶やか。白黒VS総天然色ともいうべきコントラストが効いている。解読不能の東北弁でまくし立てる吉本(岸部一徳)や早苗を殴った父親を公衆浴場で羽交い締めするまどかなど個性的なキャラが笑わせ、泣かせてくれる。公開された06年はNHK「プロジェクトX」(2000~05年)の余韻が残っていた時期。大人の反対と冷笑をはね返して挑戦する彼女たちの姿はけなげなプロジェクトとして感動を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る