「フラガール」炭鉱町で女たちはフラダンスに人生を賭けた

公開日: 更新日:

2006年 李相日監督

 蒼井優山里亮太が結婚した。この「フラガール」で蒼井と共演した山崎静代から山里が紹介を受けたというから、人間どこにチャンスがあるか分からない。本作は常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)創業時のフラダンサーの物語だ。

 1965年、福島県の炭鉱町。炭鉱が次々と閉鎖される中、会社はセンターをつくり、地元の女性をダンサーに育成しようとする。集まったのは紀美子(蒼井)や小百合(山崎)ら素人ばかり。東京のSKDダンサーだった平山まどか(松雪泰子)を指導者に迎えてレッスンが始まるが、紀美子はまどかに突っかかり、母親に猛反対されて家出する。親友の早苗(徳永えり)は父親が整理解雇されたため北海道に引っ越し。キャンペーン巡業では落盤事故の知らせを受けるのだった……。

 花の咲かない寒々しい景色の中、町や炭鉱作業員は地味な色調でフラダンサーは艶やか。白黒VS総天然色ともいうべきコントラストが効いている。解読不能の東北弁でまくし立てる吉本(岸部一徳)や早苗を殴った父親を公衆浴場で羽交い締めするまどかなど個性的なキャラが笑わせ、泣かせてくれる。公開された06年はNHK「プロジェクトX」(2000~05年)の余韻が残っていた時期。大人の反対と冷笑をはね返して挑戦する彼女たちの姿はけなげなプロジェクトとして感動を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天