「フラガール」炭鉱町で女たちはフラダンスに人生を賭けた

公開日: 更新日:

2006年 李相日監督

 蒼井優と山里亮太が結婚した。この「フラガール」で蒼井と共演した山崎静代から山里が紹介を受けたというから、人間どこにチャンスがあるか分からない。本作は常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)創業時のフラダンサーの物語だ。

 1965年、福島県の炭鉱町。炭鉱が次々と閉鎖される中、会社はセンターをつくり、地元の女性をダンサーに育成しようとする。集まったのは紀美子(蒼井)や小百合(山崎)ら素人ばかり。東京のSKDダンサーだった平山まどか(松雪泰子)を指導者に迎えてレッスンが始まるが、紀美子はまどかに突っかかり、母親に猛反対されて家出する。親友の早苗(徳永えり)は父親が整理解雇されたため北海道に引っ越し。キャンペーン巡業では落盤事故の知らせを受けるのだった……。

 花の咲かない寒々しい景色の中、町や炭鉱作業員は地味な色調でフラダンサーは艶やか。白黒VS総天然色ともいうべきコントラストが効いている。解読不能の東北弁でまくし立てる吉本(岸部一徳)や早苗を殴った父親を公衆浴場で羽交い締めするまどかなど個性的なキャラが笑わせ、泣かせてくれる。公開された06年はNHK「プロジェクトX」(2000~05年)の余韻が残っていた時期。大人の反対と冷笑をはね返して挑戦する彼女たちの姿はけなげなプロジェクトとして感動を呼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る