紙切りは世界中の老若男女どんな世代にも喜ばれる演芸です

公開日: 更新日:

 正楽は一度、紙切りができなくなるかもしれない危機に陥ったことがある。13年前の秋、公演先の北海道旭川市で高座に上がっている最中、くも膜下出血の発作に襲われたのだ。

「頭の中でドカーンと花火が破裂した感じでね。高座を降りてすぐ、近くの病院に行ったら、くも膜下出血と診断されて、脳神経外科がある大病院に緊急搬送された。ついてたのは、そこに脳神経外科では名医といわれる医師が教えに来てて、その先生が手術してくれたんです。この病気はおおよそ3分の1が亡くなり、3分の1が後遺症が残って、3分の1がリハビリの必要がないほど回復する。あたしは最後の3分の1だった。いい場所で、いいタイミングで発作が出たおかげですね」

 なにせ紙切りは手先の微妙な動きに左右されるので、しびれなどの後遺症が出ることを周囲は心配した。それがリハビリなしですぐ高座復帰したから、ほっとしたものだ。その後は以前と同じように高座に上がり続け、今や色物の大看板である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る