紙切りは世界中の老若男女どんな世代にも喜ばれる演芸です

公開日: 更新日:

 正楽は一度、紙切りができなくなるかもしれない危機に陥ったことがある。13年前の秋、公演先の北海道旭川市で高座に上がっている最中、くも膜下出血の発作に襲われたのだ。

「頭の中でドカーンと花火が破裂した感じでね。高座を降りてすぐ、近くの病院に行ったら、くも膜下出血と診断されて、脳神経外科がある大病院に緊急搬送された。ついてたのは、そこに脳神経外科では名医といわれる医師が教えに来てて、その先生が手術してくれたんです。この病気はおおよそ3分の1が亡くなり、3分の1が後遺症が残って、3分の1がリハビリの必要がないほど回復する。あたしは最後の3分の1だった。いい場所で、いいタイミングで発作が出たおかげですね」

 なにせ紙切りは手先の微妙な動きに左右されるので、しびれなどの後遺症が出ることを周囲は心配した。それがリハビリなしですぐ高座復帰したから、ほっとしたものだ。その後は以前と同じように高座に上がり続け、今や色物の大看板である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る