時事ネタ注文多く…紙切りほど世相がわかる寄席芸はない

公開日: 更新日:

 1998年7月2日、2代目正楽が亡くなる。享年62だから早過ぎる死だ。2代目は生前、後継者に小正楽を指名していた。

「師匠には2人の息子さんがいまして、長男を落語芸術協会の先代桂小南師匠に預けたところ、紙切りより落語のほうが面白くなって落語家になっちゃった。それが当代小南です。次男は当時、芸人にならないって言ってた。それで師匠はあたしに正楽を継がせることにしたのだと思います。それが決まってから、次男が紙切りをやる気になった。今の二楽です」

 たとえ二楽が早く弟子入りしていたとしても、師匠は小正楽に襲名させたはずと私は思う。 

 2代目正楽が没して2年後の2000年9月、小正楽は3代目正楽を襲名する。各寄席で40日間の襲名披露興行が催され、連日トリを務めた。色物芸人が寄席でトリを取るのは異例のことで、落語協会では51年ぶりだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る