浅草演芸ホールのお客は素直というか子供っぽいというか…

公開日: 更新日:

 1988年、林家一楽は師匠である2代目正楽の前名、小正楽を襲名した。落語家でいえば、真打ちに昇進したようなものだろう。それを機に、師匠とは違った紙切りに挑んだ。作品が大きく映るOHP(オーバーヘッドプロジェクター)を使うようになったのだ。

「きっかけは太神楽の鏡味仙之助・仙三郎、奇術の花島世津子の3組で、勉強会を開いたことです。寄席ではやらないことに挑む会なので、OHPを使ってみました。師匠が何度か使ってましたが、操作が面倒だとやらなくなってた。それを使って一枚ずつ見せるのでなく、いくつもの形がつながっている長い作品ですね」

 どういうものかというと、紙切りのパレードだと思っていただきたい。たとえば、ミッキー、ミニー、ドナルドなどディズニーのキャラクターがつながって次から次へとOHPを通過する。それが終わると、サザエさん一家が通る。さらに神輿、山車などのお祭り風景がつながって映る。その長さは数メートルに及ぶのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る