浅草演芸ホールのお客は素直というか子供っぽいというか…

公開日: 更新日:

 1988年、林家一楽は師匠である2代目正楽の前名、小正楽を襲名した。落語家でいえば、真打ちに昇進したようなものだろう。それを機に、師匠とは違った紙切りに挑んだ。作品が大きく映るOHP(オーバーヘッドプロジェクター)を使うようになったのだ。

「きっかけは太神楽の鏡味仙之助・仙三郎、奇術の花島世津子の3組で、勉強会を開いたことです。寄席ではやらないことに挑む会なので、OHPを使ってみました。師匠が何度か使ってましたが、操作が面倒だとやらなくなってた。それを使って一枚ずつ見せるのでなく、いくつもの形がつながっている長い作品ですね」

 どういうものかというと、紙切りのパレードだと思っていただきたい。たとえば、ミッキー、ミニー、ドナルドなどディズニーのキャラクターがつながって次から次へとOHPを通過する。それが終わると、サザエさん一家が通る。さらに神輿、山車などのお祭り風景がつながって映る。その長さは数メートルに及ぶのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る