鶴瓶と談春が双璧…落語家が映画やドラマで活躍する理由

公開日: 更新日:

 いまやドラマのキャスティング会議で必ず名前が挙がるのが落語家だ。民放キー局ドラマプロデューサーはこう言う。

「視聴率が全てのドラマで、脚本と並び肝となるのがキャスティングです。高視聴率を狙い、目新しさを狙うなら『とりあえず落語家でいっとく』というのが昨今のトレンドなんです」

 事実、ここ数年の間にドラマや舞台、映画と人気の落語家が役者として活躍する姿が当たり前になっている。なかでも売れっ子落語家のベスト3は……。

「落語家というより俳優といっても過言ではないのが“ベー師匠”こと笑福亭鶴瓶(67)。いまや落語家の収入よりも俳優業の方が上だといわれている。最近はNHK大河ドラマ『西郷どん』から映画『北の桜守』(18年公開)、『アルキメデスの大戦』(19年公開予定)など年に必ず1~2本の作品に出演する売れっ子です」(前出のプロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る