城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

堀尾アナはお咎めナシ 不倫報道の“パーフェクトな対応”は

公開日: 更新日:

 少しさかのぼるが、週刊誌で不倫疑惑が報じられた堀尾正明アナ(64)が、レギュラーでコメンテーターを務める情報番組に生出演して事情説明した。「許容範囲を超えた行動をしたと反省しております」と涙目で謝罪した上で、共演者からの質問にも答え続けた。

 この対応ぶりは、情報番組でさまざまな出来事にコメントする人たちの“お手本”になるのではないかと考えている。

 堀尾は半年ほど前に知り合った50代のシングルマザーの自宅に6月だけで4回も宿泊したとのことだが、「先方の女性の家族に事情があって相談に乗り、サポートしたいということで、ご家族の中に入り込んだ」と説明しつつ、恋愛感情は「まったくない。相手に失礼」と男女の仲は否定。その上で、「日をまたいで(お泊まり)のケアは行き過ぎだった」としている。

 堀尾は現在、夫人と別居中だが、朝早い仕事が始まったことで、「妻のライフスタイルや親の介護もあって別々に住んでいる」と語っている。夫人もその情報番組に「お相手のご家族との付き合いは聞いていた。優しい人だから、こんなことに」とコメント。また、番組では不倫相手とされた女性の「家では(子供と)おじいちゃんと呼んでいる」というコメントも紹介されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る