城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

堀尾アナはお咎めナシ 不倫報道の“パーフェクトな対応”は

公開日: 更新日:

 少しさかのぼるが、週刊誌で不倫疑惑が報じられた堀尾正明アナ(64)が、レギュラーでコメンテーターを務める情報番組に生出演して事情説明した。「許容範囲を超えた行動をしたと反省しております」と涙目で謝罪した上で、共演者からの質問にも答え続けた。

 この対応ぶりは、情報番組でさまざまな出来事にコメントする人たちの“お手本”になるのではないかと考えている。

 堀尾は半年ほど前に知り合った50代のシングルマザーの自宅に6月だけで4回も宿泊したとのことだが、「先方の女性の家族に事情があって相談に乗り、サポートしたいということで、ご家族の中に入り込んだ」と説明しつつ、恋愛感情は「まったくない。相手に失礼」と男女の仲は否定。その上で、「日をまたいで(お泊まり)のケアは行き過ぎだった」としている。

 堀尾は現在、夫人と別居中だが、朝早い仕事が始まったことで、「妻のライフスタイルや親の介護もあって別々に住んでいる」と語っている。夫人もその情報番組に「お相手のご家族との付き合いは聞いていた。優しい人だから、こんなことに」とコメント。また、番組では不倫相手とされた女性の「家では(子供と)おじいちゃんと呼んでいる」というコメントも紹介されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る