城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

堀尾アナはお咎めナシ 不倫報道の“パーフェクトな対応”は

公開日: 更新日:

 これは、取材すべき当事者に全部コメントさせ、自身は女性宅にお泊まりしたことを認めた上で男女関係は平謝りで否定するという手法。また、女性宅がかなりの豪邸で部屋数も多く、「別の部屋で休んだ」と言われれば、こちらは「そ、そうですか……」と言わざるを得ない。ツッコミようのない状況にしてみせたのだ。しかも、そのタイミングが週刊誌の発売当日の朝であり、素早い対応と言っていい。

 これまで不倫疑惑を報じられたタレントが、後になって「ずっとDVDを見ていた」とか、「一晩中、ゲームをしていた」といった“言い訳”をするたびに、僕はずっと違うなという印象を持っていた。ファクス1枚の謝罪ともつかない謝罪で済ませる人もいる。

 実際、堀尾は生番組でいち早くすべてを語った格好にしたことで、その番組では何事もなかったかのように普通に出演を続けている。一番、問題になりそうな情報番組から“お墨付き”をもらったことになるわけで、その他のレギュラー番組も出演を継続、特に問題ありませんという結論になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る