意外に多い…苦しい言い逃れで墓穴を掘る人のパターン

公開日:

 女性職員へのセクハラで市長を辞職した狛江市の高橋都彦前市長(66)は、言い逃れでしくじった典型的なケースだ。

「車内で手を握られた」と被害女性に指摘されると、「握手のつもりで握った」と釈明。「エレベーターで腰に手を回された」という主張には、「何らかの“弾み”で体に触れた」と答える始末。子供でも、もっとマシな言い訳を考えそうだが、その場しのぎの言い逃れだ。

 成人式当日に経営破綻した振り袖販売業「はれのひ」の篠崎洋一郎社長(55)は、騒動当日にスタッフに対応を任せて雲隠れしていたことについて「当日は逃げてはいない」と反論。記者から「ではなぜ、店に出てお客に直接謝らなかったのか?」と畳み込まれると、「社員も減って、自分ひとりで対応できるかと……」と泣き顔だった。客に罵声を浴びせられるのが嫌だったのだろうが、下手な言い訳はしない方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る