意外に多い…苦しい言い逃れで墓穴を掘る人のパターン

公開日: 更新日:

 女性職員へのセクハラで市長を辞職した狛江市の高橋都彦前市長(66)は、言い逃れでしくじった典型的なケースだ。

「車内で手を握られた」と被害女性に指摘されると、「握手のつもりで握った」と釈明。「エレベーターで腰に手を回された」という主張には、「何らかの“弾み”で体に触れた」と答える始末。子供でも、もっとマシな言い訳を考えそうだが、その場しのぎの言い逃れだ。

 成人式当日に経営破綻した振り袖販売業「はれのひ」の篠崎洋一郎社長(55)は、騒動当日にスタッフに対応を任せて雲隠れしていたことについて「当日は逃げてはいない」と反論。記者から「ではなぜ、店に出てお客に直接謝らなかったのか?」と畳み込まれると、「社員も減って、自分ひとりで対応できるかと……」と泣き顔だった。客に罵声を浴びせられるのが嫌だったのだろうが、下手な言い訳はしない方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る