井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

口は災いの元…NGT48加藤美南はメンバー批判誤爆で大炎上

公開日: 更新日:

 公開プロポーズの直前、自宅に浮気相手を連れ込み、その様子をバッチリ撮られていながら気づかない。誠意をお金で表そうとした言動のおかしさにも無頓着。TPOのすべてで間違いを繰り返されては、さすがに誰もが0点をつけざるを得ない。

 遊びは芸の肥やしと開き直ったのも今は昔。オードリー春日の浮気に端を発する炎上騒動は、一方的な非難も仕方ないと思わせる残念な展開となってしまった。

 ただ、そのなかで下手な言い訳や要らぬ軽口など、余計な発言がなかったことには、まだ救いがあったのではないだろうか。

「浮気する人はビョーキだから。またやられる」「経済力はあるのにケチで浮気する男とか…最低」「酷いままだったら、離婚して春日の財産をがっつりもらって」など、厳しい声は絶えないが、それでも今後の行く末を見守ろうとする“執行猶予”姿勢は見て取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る