ジャニー喜多川氏死去 戦後の「芸能界カリスマ」光と影

公開日: 更新日:

「男版の宝塚ともいうべき、男性に特化した唯一無二のアイドルを生み出し続けたエンタメ界の巨星でした」(ジャニーズ事情に詳しいジャーナリストの中村竜太郎氏)

 入院中だった都内の病院で9日、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で亡くなったと発表された、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川(本名・喜多川擴=享年87)氏。光GENJIやSMAP、嵐などの人気グループを世に送り出した功績はそのまま戦後の男性アイドル史と重なるといっていい。それはひとえにジャニー氏のタレントを発掘する“千里眼”によるところが大きかった。

「声変わりする前の男の子の写真を見れば大人になった時の顔がわかるそうで、新規にグループをつくるときはメンバー同士の個性が最大限に発揮できるよう組み合わせていました。グループのネーミングセンスもそうですが、天才プロデューサーでした」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る