復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

公開日: 更新日:

 15日、海老蔵が喉を痛め声が出なくなり、歌舞伎では珍しい公演中止になってしまった。

 すでに見ていたが、今月の海老蔵は、「倒れなければいいけど」と思うほどの奮闘ぶりである。昼の部2演目に主演し、そのひとつでは長男・堀越勸玄との共演、夜の部は古典の新演出で13役早替わりに挑んでいた。

「7月の歌舞伎座」の座頭となって3年目。来年5月に團十郎を襲名するので、7月の海老蔵歌舞伎のファイナルとなり、より力も入っていたのだろう。

 歌舞伎は、主役が体調不良で倒れても、ぶっつけ本番で代役がつとめて、公演中止にはしないものだが、今回は、実質的に新作で、13役早替わりは誰も稽古をしていないので、中止にせざるを得なかったのだろう。

 公演中止、チケット代返金という処置については、賛否ある。海老蔵を見たくてチケットを買った人にとっては、代役で見せられるよりも、返金してもらったほうがいいかもしれない。地方から来た人などは、代役でもいいから上演してほしかったと思うかもしれない。海老蔵以外の共演者を見たくてチケットを買った人もいるだろう。議論の分かれるところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る