復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

公開日: 更新日:

 15日、海老蔵が喉を痛め声が出なくなり、歌舞伎では珍しい公演中止になってしまった。

 すでに見ていたが、今月の海老蔵は、「倒れなければいいけど」と思うほどの奮闘ぶりである。昼の部2演目に主演し、そのひとつでは長男・堀越勸玄との共演、夜の部は古典の新演出で13役早替わりに挑んでいた。

「7月の歌舞伎座」の座頭となって3年目。来年5月に團十郎を襲名するので、7月の海老蔵歌舞伎のファイナルとなり、より力も入っていたのだろう。

 歌舞伎は、主役が体調不良で倒れても、ぶっつけ本番で代役がつとめて、公演中止にはしないものだが、今回は、実質的に新作で、13役早替わりは誰も稽古をしていないので、中止にせざるを得なかったのだろう。

 公演中止、チケット代返金という処置については、賛否ある。海老蔵を見たくてチケットを買った人にとっては、代役で見せられるよりも、返金してもらったほうがいいかもしれない。地方から来た人などは、代役でもいいから上演してほしかったと思うかもしれない。海老蔵以外の共演者を見たくてチケットを買った人もいるだろう。議論の分かれるところ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る