巳之助と児太郎“平成代名残絵巻”で印象付けた世代交代宣言

公開日: 更新日:

 平成最後の月、市川海老蔵は自主公演で全国各地をまわり、松本白鸚・幸四郎は襲名披露の巡業、中村芝翫・尾上松緑・片岡愛之助らは名古屋御園座、中村勘九郎中村七之助・市川中車・中村扇雀らは四国のこんぴら大歌舞伎に出ている。

 東京の歌舞伎座は大幹部が勢揃いしての最後の大歌舞伎なのだが、客の入りは悪い。とくに昼の部は常連が来る3階席がすいている。役者の名前だけでは客は来ない。

 昼の部最初はこの月のために作られた「平成代名残絵巻(おさまるみよなごりのえまき)」。代替わりにちなんで、平安時代末期、源平合戦の時代を舞台にした舞踊劇。福助以下、それなりに豪華な顔ぶれで、短いながらもストーリー性があり、見どころも多い。もっと長くして、本格的な芝居にしてもいいくらいだ。何も期待しないで見に行ったので、儲けた気分になった。最後は巳之助と児太郎が出て、次の時代は彼らのものだと印象付ける。深読みすると、世代交代宣言でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  6. 6

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  10. 10

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

もっと見る