松竹とは蜜月でも…歌舞伎座“ジャニーズファン集め”の難関

公開日: 更新日:

 市川海老蔵がジャニーズのV6の三宅健を相手役に招いた、六本木歌舞伎「羅生門」が上演中だ。演出は映画監督の三池崇史。

 もともと歌舞伎は女性客が圧倒的に多いが、今回は95%以上が女性で、男性は私を含めて数えるほどしかいない。三宅健のファンで客席の大半が占められていた。松竹とジャニーズは、滝沢歌舞伎を通して蜜月にある。ともに「男だけの舞台」なので、親和性があるといえばある。

 歌舞伎公演に歌舞伎役者ではない俳優が出ることはいくらでも前例がある。コクーン歌舞伎には笹野高史が欠かせない存在だ。笹野は演技力を必要とされての出演だが、三宅健は集客力を期待しての起用で、これは見事に成功。

 だが、この「羅生門」をきっかけにして、三宅ファンに歌舞伎座へも足を運んでほしいと考えているとしたら、それは無理と思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る