松竹とは蜜月でも…歌舞伎座“ジャニーズファン集め”の難関

公開日: 更新日:

 市川海老蔵ジャニーズのV6の三宅健を相手役に招いた、六本木歌舞伎「羅生門」が上演中だ。演出は映画監督の三池崇史。

 もともと歌舞伎は女性客が圧倒的に多いが、今回は95%以上が女性で、男性は私を含めて数えるほどしかいない。三宅健のファンで客席の大半が占められていた。松竹とジャニーズは、滝沢歌舞伎を通して蜜月にある。ともに「男だけの舞台」なので、親和性があるといえばある。

 歌舞伎公演に歌舞伎役者ではない俳優が出ることはいくらでも前例がある。コクーン歌舞伎には笹野高史が欠かせない存在だ。笹野は演技力を必要とされての出演だが、三宅健は集客力を期待しての起用で、これは見事に成功。

 だが、この「羅生門」をきっかけにして、三宅ファンに歌舞伎座へも足を運んでほしいと考えているとしたら、それは無理と思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  5. 5

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る