6月歌舞伎“主役”市川染五郎の写真を載せなかった戦略ミス

公開日: 更新日:

 今月の歌舞伎座は夜の部の三谷幸喜作・演出の新作「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち」が話題。

 みなもと太郎の大長編マンガ「風雲児たち」の一部、大黒屋光太夫の物語が原作。幕末にロシアに漂流し、10年かけて日本に戻った人物だ。光太夫の船には17人が乗船していたが、日本に帰れたのは彼を含めて2人。ロシアに残ったのが2人で、残りの13人は死んだ。

 この過酷な物語を喜劇仕立てにした。笑わせるのは三谷の作風なので、批判してもしょうがない。「笑える歌舞伎」があってもいいだろう。

「これが歌舞伎なのか」という声もあろうが、結論の出ない話だ。松竹が「大歌舞伎」公演として上演しているのだから、実質はともかく、興行ジャンルとしては歌舞伎である。盛況なので、「歌舞伎を見たことのないお客さんを歌舞伎座に呼び込む」という興行目的は、成功したようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る