ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

公開日: 更新日:

 7月9日、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、くも膜下出血のため死去した。12日に所属タレントが100人以上集合して家族葬が執り行われたが、これから別にお別れの会も設ける予定という。まだすべてが終わったわけでもないのに、事務所内の対立をにおわす報道があふれているのはなぜか――。

「ジャニー氏というカリスマを突然失ったわけですから、事務所が動揺するのは仕方ありません。だからといって、今報じられているような、ジャニー氏の姪の藤島ジュリー景子副社長と、タッキーこと滝沢秀明の対立の構図がすぐに生まれるとは考えにくい。ジュリー氏が新社長に就任するのは既定路線ですし、“後継者”とされるタッキーはジュニアと呼ばれるデビュー前の若手の育成やプロデュースする部門を任されたにすぎません」(芸能評論家の佐々木博之氏)

 8月8日には総勢300人以上のジュニアが出演する東京ドーム公演が開催される。ジュニア単体の大規模ライブは19年ぶり。これをプロデュースする滝沢にジュリー氏といがみ合っている余裕はないのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る