肉体改造に“暴露本”まで出版 浜崎あゆみ「40歳の現在地」

公開日: 更新日:

 8月1日、浜崎あゆみ(40)の“禁断の恋”を描いた小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が出版された。

 17歳だった浜崎がブレークするまでの軌跡がつづられているのだが、所属事務所エイベックスの松浦勝人会長(54)との過去の交際についても触れられている。著者はノンフィクション作家の小松成美氏。浜崎への取材を基にした〈事実に基づくフィクション〉というから、浜崎のファンにとっては必読だろう。

「平成の歌姫」と呼ばれた浜崎は、令和になって何かが吹っ切れたのか。7月24日にフジテレビ系の音楽番組「FNSうたの夏祭り」に出演した時も注目を浴びた。メドレー形式で4曲披露したのだが、以前と比べて引き締まった体形になり、声量も増し、圧巻のパフォーマンスを見せつけた。さすが「和製マドンナ」と称されるだけのことはある。


 ただ、衣装には厳しい目が向けられた。黒いミニスカートに肩出しドレス、両脚はニーハイ、ロングヘアを後頭部で1本に縛った姿に、〈安室ちゃんに寄せ感〉〈アリアナ・グランデに寄せてる〉〈マドンナ飽きたの?〉といった声も相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る