肉体改造に“暴露本”まで出版 浜崎あゆみ「40歳の現在地」

公開日: 更新日:

 8月1日、浜崎あゆみ(40)の“禁断の恋”を描いた小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が出版された。

 17歳だった浜崎がブレークするまでの軌跡がつづられているのだが、所属事務所エイベックスの松浦勝人会長(54)との過去の交際についても触れられている。著者はノンフィクション作家の小松成美氏。浜崎への取材を基にした〈事実に基づくフィクション〉というから、浜崎のファンにとっては必読だろう。

「平成の歌姫」と呼ばれた浜崎は、令和になって何かが吹っ切れたのか。7月24日にフジテレビ系の音楽番組「FNSうたの夏祭り」に出演した時も注目を浴びた。メドレー形式で4曲披露したのだが、以前と比べて引き締まった体形になり、声量も増し、圧巻のパフォーマンスを見せつけた。さすが「和製マドンナ」と称されるだけのことはある。


 ただ、衣装には厳しい目が向けられた。黒いミニスカートに肩出しドレス、両脚はニーハイ、ロングヘアを後頭部で1本に縛った姿に、〈安室ちゃんに寄せ感〉〈アリアナ・グランデに寄せてる〉〈マドンナ飽きたの?〉といった声も相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  4. 4

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  7. 7

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る