てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

空気読まずキャラ演じるアルコ&ピース平子の貴重なウザさ

公開日: 更新日:

「いっぺんサシで説教してやろうか」(タモリ/「タモリ倶楽部」7月26日放送)

 学生たちが好きな建築物を発表していると、その建物についてアルコ&ピースの平子祐希(40)がウンチクを語りだす。最初は「詳しいの?」と感心していたタモリだが、次第に平子のドヤ顔に「顔、気に食わないなあ」と言い放ったりしていた。

 それでも平子のウンチク語りは止まらない。タモリが一瞬、イラッとした表情を浮かべ、「うるせえなあ」とつぶやいた後に放った一言が今週の言葉だ。もちろん、平子もそれを聞いて大笑いしているように、タモリ流のギャグの一種。温厚なタモリが本気で怒ったわけではないが、平子には“前科”がある。

 それは、平子がテレビ朝日「アメトーーク!」の「猫舌芸人」(16年6月2日放送)に出演したときのことだ。平子は独自のキャラになりきり、小ボケを繰り返しながら押し通すことを得意とする。それは「平子る」などといわれるが、その日も彼は「平子り」ながら、カニクリームコロッケが熱いことを「地球のコアなんだ」と例えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る