てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

スベっても前に 霜降り明星せいやの強い心を培った「体験」

公開日: 更新日:

「明るく振る舞って、ギャグとか全部返して、頭ハゲるぐらいギリギリで、陰で泣いてた俺~! いま全部エピソードトークにしてるからな~!」(霜降り明星・せいや/テレビ朝日「霜降りバラエティ」6月20日放送)

 霜降り明星の2人が東京タワーの階段を上りながら、幼少期から、2人の出会い、コンビ結成など、これまでの人生を語り合おうという企画で、せいやは高校時代の話に差し掛かると、「これは踊り場で語らしてくれ」と立ち止まった。

 ひとしきり熱を込めて語った後、高校時代の自分に向けて叫んだセリフが今週の言葉だ。

 せいやは中学時代まで、さまざまな一発ギャグで笑わせるなど、クラスの人気者だった。だが、高校初日の入学式でしくじってしまう。早く自分の面白さをクラスメートに分かってもらいたいと思っていた彼は、人気者グループがゴミ箱をゴールに見立ててゴミを投げ、シュートしているのを見て、「ここや!」と思った。シュートを外した瞬間、「リバウンドー!」と叫んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  8. 8

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

もっと見る