もう重版出来で累計13万部 浜崎あゆみ“暴露本”危険な賭け

公開日: 更新日:

 歌手の浜崎あゆみ(40)が音楽プロデューサーで、育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)とかつて交際していたことが明らかになった。

 1日に〈事実に基づくフィクション〉として発売された小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)は、ノンフィクション作家の小松成美氏が執筆。浜崎への取材をもとに浜崎と松浦氏の出会いや別れなどが赤裸々につづられているため事実上の“暴露本”と呼ばれている。売れ行きを担当編集者に聞くと、「初版は5万部で、さらに8万部重版しました」と言う。出版業界で小説は3万部を超えるとヒットといわれるから、累計13万部は立派なベストセラーだ。しかし、「浜崎あゆみとエイベックスにとってメリットは少ないと思います」と音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る