もう重版出来で累計13万部 浜崎あゆみ“暴露本”危険な賭け

公開日: 更新日:

 歌手の浜崎あゆみ(40)が音楽プロデューサーで、育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)とかつて交際していたことが明らかになった。

 1日に〈事実に基づくフィクション〉として発売された小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)は、ノンフィクション作家の小松成美氏が執筆。浜崎への取材をもとに浜崎と松浦氏の出会いや別れなどが赤裸々につづられているため事実上の“暴露本”と呼ばれている。売れ行きを担当編集者に聞くと、「初版は5万部で、さらに8万部重版しました」と言う。出版業界で小説は3万部を超えるとヒットといわれるから、累計13万部は立派なベストセラーだ。しかし、「浜崎あゆみとエイベックスにとってメリットは少ないと思います」と音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る