中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

公開日: 更新日:

 テレビ各局のジャニーズ担当者の注目を一挙に集めたフジテレビの決断だった。2020年東京オリンピックのメインキャスターに元SMAPの中居正広(47)を袖にし、最終的に選抜したのが関ジャニ∞村上信五(37)。まさかのどんでん返しに業界関係者の多くが度肝を抜かれた。

「当初、TBSが中居を五輪キャスターに抜擢するかと思っていたら自局の安住紳一郎アナをメインキャスターに起用することを発表しました。中居は04年のアテネ五輪から8大会連続でTBSの五輪メインキャスターを務めてきたんです。その中居がまさかの降板です。焦った中居はツテをたよってフジテレビに猛アプローチをかけていたそうです」(テレビ局関係者)

 当初、フジテレビサイドも中居で動いていたという。ところが突然、風向きが変わってしまったという。

「中居とフジは『めちゃイケ』などを通じバラエティー制作班とは非常にいい関係が出来ていたんです。そんな矢先にジャニーズ事務所の別のラインから村上を猛プッシュされたというんです。ジャニーズは嵐が休止後は関ジャニの村上を“ポスト中居”と位置づけ各局に売り込みをかけていたんです。今回も制作サイドからは中居を推す声が圧倒的でしたが2年連続で『27時間テレビ』のMCを務めた功績や高視聴率を取っている『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)などの実績が評価され村上に決まったそうです」(別のテレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る