戦後最悪の日韓関係…NHK紅白歌合戦のK-POP勢出演は全滅か

公開日: 更新日:

 日韓関係が戦後最悪といわれるほど悪化の一途をたどっている。

 関係悪化はスポーツ界や観光産業など、さまざまな分野に影響を及ぼしているが、このままだと暮れの風物詩である大晦日のNHK紅白歌合戦の歌手選考に大いに影響を与えそうだ。

「紅白を制作・放送しているのは、国民の受信料で成り立っているNHK。今の世論の流れの中で紅白に韓国の歌手を出場させようものなら、たちまち抗議電話の嵐になりそうです」(レコード会社関係者)

 韓国勢では昨年、ガールズK―POPグループ・TWICEが2年連続で出場。今年に入っても日本での人気は衰えていないだけに、3年連続の出場は確実視されていた。さらに、業界内ではもう1組が出場濃厚ともっぱらだった。

「日韓合同ガールズグループのIZ*ONEです。日本人メンバーとしてHKT48の宮脇咲良ら48グループのメンバー3人が加入しており中高生を中心に絶大な人気です。ところが、日韓関係の悪化で日本人メンバーが韓国国内でバッシングにさらされている。そのため3人の脱退説も流れています」(韓国芸能界に詳しい芸能関係者)

 芸能は平和の産物。政治に振り回されて泣くのは、アーティストとファンである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る