RIZIN放送決定も…フジは大みそかまで“ドタキャン”に恐々

公開日:

 フジテレビの定例社長会見が11月末に東京・台場の本社で開かれ、編成担当の役員から大晦日に格闘技イベント「RIZIN.14」を放送することが発表になった。

 同イベントでは無敗のキックボクサー・那須川天心(20)とボクシングの5階級王者、フロイド・メイウェザー(41)の対戦が決定。同カードの試合形式について担当役員は「我々は放映権契約をして放送をするだけ。我々からこうして欲しいという希望はありません」と話したという。

 このカードは会見で発表後、メイウェザーが突然クレームを入れ、反故にしようとしたいわくつき案件。主催者側との話し合いで開催が再び決定したが「気分屋のメイウェザーだけに、直前のドタキャンは覚悟しておかないといけません」(ボクシング担当記者)。

 それでも対戦が決定したとなると、当然、フジはそのカードをアピールしてCMの放送枠を売りさばく。しかし、もしカードが中止になればスポンサーからのクレームは必至だが……。

「フジとしてはメイウェザーがドタキャンしても『あくまでも放映権を買っただけ』という論法で押し切るようです」(格闘技業界関係者)

 それで視聴者やスポンサーが納得するとは到底思えないが、フジ幹部は大晦日まで眠れぬ日々だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る