映画「宮本から君へ」池松壮亮の血と涙のエネルギーが圧巻

公開日: 更新日:

 9月27日公開の映画「宮本から君へ」は、この頃では珍しい一直線の熱血映画だ。叫び声、血、涙、よだれ……主演の池松壮亮(29)、蒼井優(34)をはじめ、演者たちの放出エネルギーが熱くてハンパない。この問題作、見る側にもエネルギーと気力が必要だ。

 文具メーカーで働く宮本浩(池松)は、「超」が付く不器用な営業マン。笑顔がつくれない、気の利いたお世辞も言えない。なのに人一倍、正義感が強く、しかも熱血という面倒な若者だ。

 ある日、宮本は取引先に誘われ、恋人になったばかりの靖子(蒼井)を連れて飲み会に参加するのだが、調子に乗って一升瓶を飲み干し、前後不覚に陥ってしまう。一緒に飲んでいた取引先が自分の息子を呼び出し、宮本と靖子を車で送らせるが、この息子、とんでもなくふらちな、巨漢の元ラガーマン。宮本が寝入っているのをいいことに、靖子を強引に……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る