映画「宮本から君へ」池松壮亮の血と涙のエネルギーが圧巻

公開日: 更新日:

 金なし、コネなし、体力もなしの宮本に突然降りかかった“究極の愛の試練”。宮本は愛する靖子のため、“怪物”を相手に、絶対に負けられない命懸けのケンカに挑む! 

 原作は新井英樹の同名コミック。新井は社会にまん延するさまざまな問題を容赦なく描写し、“究極の人間賛歌”とも称される世界観で熱烈なファンに支持されている。

 監督・脚本は真利子哲也、38歳。2016年に「ディストラクション・ベイビーズ」で商業映画デビューし、ロカルノ国際映画祭で最優秀新進監督賞を受賞。激しい暴力描写に独特の味があり、高い評価を得ている“若きバイオレンスの巨匠”だ。今作でも本領発揮。原作に負けず劣らずの容赦ない生々しい暴力シーンの連続で「R15+」指定となった。

 主演の池松と蒼井は全編を通し、ほとんど大声を張り上げ、叫びっぱなし。テンション上がりまくりで、ギリギリまで“究極の愛の試練”に七転八倒するカップルを演じ切っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る