月9でフジ復活の兆しも…親会社は売り上げの約7割が放送外

公開日: 更新日:

 上野樹里主演の連ドラ「監察医 朝顔」は9月23日で最終回。フジテレビの月9では2年ぶりの全話2ケタ視聴率でゴールインし、復活の兆しなどと言われているが、親会社フジ・メディア・ホールディングス(以下HD)の本業は、もはや放送ではない。

 在京の認定放送持株会社5社の2018年度(19年3月期)決算は、4社が増収、1社が減収。経常利益はそれぞれ2社が増益、3社が減益だった。

 売上高6692億3000万円でトップを独走するフジ・メディアHDは、前期比3.5%の増収で、経常利益も19.5%増の419億7500万円となった。増収増益は、フジ・メディアHDと東京放送HD(TBS)の2社だった。

 この2社には大きな共通点がある。

 ネットおよびローカルタイムとスポットの広告(放送)収入、もっと大くくりで言えば、海外番組販売や映画事業、デジタル事業などを含めた放送事業以外での収益確保に注力してきたことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る