NHKネット常時同時配信で 苦境のローカル局が再編へ秒読み

公開日: 更新日:

 “前門”のリアルタイム視聴の低下に、“後門”のNHKネット常時同時配信。ローカル局が苦境に直面している。

 NHKが今年度中の開始を予定しているテレビ番組のインターネット常時同時配信に関する「ネット活用業務実施基準」の素案が、10日に公表された。これに戦々恐々なのが民放各局、とりわけNHKと張り合うだけのお金がないローカル局で、NHKのネット常時同時配信を機に“再編”が進むとみられている。

 テレビ局の収入には、スポンサー名が音声、あるいはテロップで表示される「タイム広告」収入と、番組と番組の間や、番組中の特定時間内に原則15秒単位で放送される「スポット広告」収入の2種類がある。

 ローカル局の場合、これに加え「電波料」「ネットワーク分配金」と呼ばれる“第3の収入”がある。キー局が制作した番組をそのまま放送する対価として支払われるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る