てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

一つ一つの“歯車”を最大限魅力的に見せる三谷幸喜の神髄

公開日: 更新日:

「やっぱり、集団の中の歯車のひとつになりたいっていう思いがあるから、この仕事を選んだ」(三谷幸喜/NHK「ごごナマ」9月4日放送)

 当代随一の脚本家である三谷幸喜(58)。「ホントに自分のやりたいことを完璧にやりたいと思ったら、小説家になってたと思う」と語った上で、脚本家を選んだ理由を語った言葉を今週は取り上げたい。

 幼い頃から本が好きで、お年玉のほとんどを本に費やし、ミステリー小説や戦国武将の人名辞典などを読みあさっていたという。自然と文才が身についていた。

 日本大学芸術学部に進学し、脚本作りを学ぶと、在学中の1983年に劇団「東京サンシャインボーイズ」を旗揚げ。西村まさ彦、伊藤俊人、小林隆、松重豊、梶原善、甲本雅裕、相島一之ら、その後、映画・ドラマに欠かせない名バイプレーヤーとなっていくメンバーが揃っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る