てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

公開日: 更新日:

「『ウソじゃん!』って家で泣きじゃくって」(広瀬すず/NHK「あさイチ」8月30日放送)

 NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインのなつを演じる広瀬すず(21)。その可愛らしい見た目から文化系のか弱い少女というイメージを持たれるかもしれないが、実は根っからの体育会系。小2の頃からバスケを始め、負けず嫌いだった彼女は、将来はバスケの選手か監督になりたいと思うほどのめり込んだ。

 彼女は一足先にデビューしていた姉のアリスのイベントを見に行き、そこで出会った事務所の社長に半ば強引に誘われ、14歳で芸能界入り。バスケを優先するという約束だったにもかかわらず、最初の仕事からバスケの新人戦と重なり大号泣。その時のことを語ったのが今週の言葉だ。その後はしばらく、モデルという芸能の仕事に反発しかなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る