てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

負けず嫌いが演技の原動力 広瀬すずは生来の「体育会系」

公開日: 更新日:

「『ウソじゃん!』って家で泣きじゃくって」(広瀬すず/NHK「あさイチ」8月30日放送)

 NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインのなつを演じる広瀬すず(21)。その可愛らしい見た目から文化系のか弱い少女というイメージを持たれるかもしれないが、実は根っからの体育会系。小2の頃からバスケを始め、負けず嫌いだった彼女は、将来はバスケの選手か監督になりたいと思うほどのめり込んだ。

 彼女は一足先にデビューしていた姉のアリスのイベントを見に行き、そこで出会った事務所の社長に半ば強引に誘われ、14歳で芸能界入り。バスケを優先するという約束だったにもかかわらず、最初の仕事からバスケの新人戦と重なり大号泣。その時のことを語ったのが今週の言葉だ。その後はしばらく、モデルという芸能の仕事に反発しかなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る