二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

「グッとラック!」惨敗…立川志らくのMC起用が早すぎた?

公開日: 更新日:

 視聴率のカギを握るキャスティング。ハマれば賛辞され、外れたら非難の声が容赦なく飛ぶ。TBSは秋の衣替えとして前番組を一掃。新情報番組「グッとラック!」をスタート。落語家の立川志らく(56)をMCに起用したが、早くも起用に疑問の声が上がっている。

 初回放送は好奇心もあり視聴率は割り増しになるものだが、2・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と目を疑う数字。テレビ関係者は「他局も脅威に感じていなかったように、世間も最初から志らくの司会に関心を持っていなかったのでは」と分析する。その後も視聴率は回復せず。9日の放送では1・9%と危機的な状況。

 横並びのニュースになる情報番組の視聴率。カギを握るのは司会者とコメンテーター。個人的な好みは別として好感度や「なるほど」と感心する解説などの要素が絡み合って数字の伸びにつながる。最近は「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)が安定してトップをキープ。出しゃばらず丁寧な羽鳥の司会は「安心して見ていられる」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  6. 6

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  9. 9

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  10. 10

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

もっと見る