発声はリハビリ中も…堀ちえみが親衛隊だけに語った“言葉”

公開日: 更新日:

 今年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で、書籍「Stage For~ 舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」(扶桑社)の発売記念サイン会を行った。

 手術後、初の公の場。白いワンピースに身を包み、表情は明るかった。しかし、舌の6割を切除し太ももの一部を移植した10時間に及ぶ大手術だったため、発声についてはいまだリハビリ中。報道陣約50人を前に発言は一切なかった。マスコミ向けには、直筆のメッセージと用意されていた質問への回答のプリントが配られた。出版の経緯についてはこう回答している。

「沢山の感謝の気持ちをお返ししたいと思い、話すことができない分、その気持ちを文字として綴りました。私の経験をお伝えすることで『口内炎が2週間以上治らなかったら、舌癌を疑った方がいい』ということを広く知っていただきたいという思いもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る