発声はリハビリ中も…堀ちえみが親衛隊だけに語った“言葉”

公開日: 更新日:

 今年2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみ(52)が20日、都内で、書籍「Stage For~ 舌がん『ステージ4』から希望のステージへ」(扶桑社)の発売記念サイン会を行った。

 手術後、初の公の場。白いワンピースに身を包み、表情は明るかった。しかし、舌の6割を切除し太ももの一部を移植した10時間に及ぶ大手術だったため、発声についてはいまだリハビリ中。報道陣約50人を前に発言は一切なかった。マスコミ向けには、直筆のメッセージと用意されていた質問への回答のプリントが配られた。出版の経緯についてはこう回答している。

「沢山の感謝の気持ちをお返ししたいと思い、話すことができない分、その気持ちを文字として綴りました。私の経験をお伝えすることで『口内炎が2週間以上治らなかったら、舌癌を疑った方がいい』ということを広く知っていただきたいという思いもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る