きっかけは逸見政孝さん 芸能人の“がん公表”が増えた背景

公開日: 更新日:

 がんを公表する芸能人は多い。今年に入ってからでも野口五郎梅宮辰夫らが会見などで自らの罹患や手術を受けたことを公にしている。

 元アイドルの堀ちえみが、「ステージ4の舌がんの手術を受けた」と、ブログで報告したのは記憶に新しい。

 もちろん、病に侵されたことを公にせず静かに闘病生活に入る人がいないわけではない。だが、一連の“がん公表”の流れは、どうやら平成に入ってから頻繁になってきた現象らしい。

 キッカケになったのは1993年9月に行われた元フジテレビアナウンサーで、当時、売れっ子キャスターだった逸見政孝氏の“がん公表”会見だ。一部抜粋すると――。

「こういう形での記者会見は賛否あると思いますが、私が入院してから事務所を通じてコメントを出しますと、真意が伝わらなかったり、あるいは誤解を生じてもいけませんので……。私がいま、侵されている病気の名前、病名はがんです」

 正式にはスキルス胃がん。逸見氏はこの翌日からすべての仕事を休んで闘病生活に入った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 3
    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

    伊達公子氏がブログで公表 大坂なおみに大先輩の「苦言」は届いているのか?

  4. 4
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 5
    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

    沢田研二・田中裕子夫妻に「売れへん夫婦漫才のおもろないネタ」を頼まれ、さらに指導まで

  1. 6
    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

    巨人・坂本の“中絶トラブル”をスポーツメディア完全スルー…自粛と忖度で自壊ますます加速

  2. 7
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  3. 8
    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

    五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線

  4. 9
    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

    「プーチンに弾丸を用意しています」2012年ミス・アースのファイナリストが軍隊入り

  5. 10
    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?

    山際大臣は窮地…また新たな旧統一教会との“接点”発覚で臨時国会前に「更迭1号」か?