新木優子「モトカレマニア」苦戦…章立て手法で復活あるか

公開日: 更新日:

 新木優子(25)の地上波連ドラ初主演作(高良健吾とW主演)の「モトカレマニア」(フジテレビ=木曜夜10時)が10月31日の第3話で視聴率4.1%を記録。3話平均でもギリギリ5%台と苦戦している。

「フジの『木10』は1990年代、2000年代には名作、ヒット作を連発し、『月9』と並ぶ看板枠でしたが、今では低迷が続く“お荷物枠”になってしまっています」(広告代理店関係者)

 18年7月期の「グッド・ドクター」こそ全話平均11%台だったものの、それを除けばほとんどが6%台。前クールの深田恭子(36)主演「ルパンの娘」は、最終回に10%近くまで伸ばして全話平均7%台に乗せ、視聴率以上にネットでの評価は高かったのだが……。

「『モトカレマニア』のような90年代初期の月9に近いノリのラブコメは、今どきリアルタイムで連ドラを見る層には受け入れられていない」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  5. 5

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  6. 6

    杉尾氏の質問に時間稼ぎ答弁 優秀な官僚はトップと同質化

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  10. 10

    西村大臣ブレブレ…コロナ感染「徹底対策」の空虚な説得力

もっと見る