新木優子「モトカレマニア」苦戦…章立て手法で復活あるか

公開日: 更新日:

 新木優子(25)の地上波連ドラ初主演作(高良健吾とW主演)の「モトカレマニア」(フジテレビ=木曜夜10時)が10月31日の第3話で視聴率4.1%を記録。3話平均でもギリギリ5%台と苦戦している。

「フジの『木10』は1990年代、2000年代には名作、ヒット作を連発し、『月9』と並ぶ看板枠でしたが、今では低迷が続く“お荷物枠”になってしまっています」(広告代理店関係者)

 18年7月期の「グッド・ドクター」こそ全話平均11%台だったものの、それを除けばほとんどが6%台。前クールの深田恭子(36)主演「ルパンの娘」は、最終回に10%近くまで伸ばして全話平均7%台に乗せ、視聴率以上にネットでの評価は高かったのだが……。

「『モトカレマニア』のような90年代初期の月9に近いノリのラブコメは、今どきリアルタイムで連ドラを見る層には受け入れられていない」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る