来秋は杉咲花に…NHK朝ドラ主役が5期連続で選考ナシの事情

公開日: 更新日:

 気の早い話だが、2020年秋スタートのNHK朝ドラが「おちょやん」に決まり、ヒロインに杉咲花(22)が抜擢された。10月30日に同局が発表した。

 杉咲は、高畑充希(27)主演の「とと姉ちゃん」(16年)で朝ドラ経験はあるが、ヒロインは、もちろん初。

「これまで朝ドラヒロインのオーディションに3回落ちているだけに、杉咲は会見で『泣いてしまいました』と嬉しそうに話していました。喜びもひとしおだったのでしょう」(テレビ誌ライター)

 もっとも、今回はオーディションではなく、オファー。ひと昔前の朝ドラの主役といえば、新人の“登竜門”だったはずだが、18年放送の「まんぷく」の安藤サクラ(33)から杉咲まで、主役は5期連続でオファーだ。

「前作『なつぞら』の広瀬すず、現在放送中の『スカーレット』の戸田恵梨香、次回作『エール』の窪田正孝もそうです。『エール』からは高画質の4Kで制作に時間もかかるため、週6回放送から週5回に短縮されますが、これはNHKの“働き方改革”の一環。新人を登用すると、演技指導などで撮影が滞る恐れがある。それを避けたいからオファーというわけです。すでに評価されている役者を使うと『新鮮味がない』という声もありますが、時代の流れには逆らえません」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る