エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

公開日: 更新日:

 バラエティー番組で恋愛観を語ればニュースになり、インスタグラムに写真をアップするたびにファンをざわつかせる。TBSの局アナ時代は“ぶりっ子”として男性人気を集めるも、女性からは冷たい視線を向けられ、「嫌いな女子アナランキング」で常に上位であり続けたフリーアナの田中みな実(32)。今や男女から幅広く支持されているから、不思議と言うしかない。

 先月は、12月13日に発売される自身初となる写真集の中から、胸の下半分が見えているショット、お尻丸出しのランジェリー姿などセクシーな写真ばかりを選び、〈どれがお好み?〉と、女王様みたいなコメントを添えてインスタに公開。すると〈身体は芸術品〉〈色気たっぷりで可愛い〉と大絶賛され、その大半が女性ファンから、というから驚きだ。

「田中アナは20代後半からぶりっ子キャラを封印し、男性に媚びずに言いたいことをはっきり言うようになりました。それでいて、恋愛をこじらせた女性の代弁者的みたいな立ち位置にシフトしたのです。もともと頭の回転が早く、コメント力に定評がありましたし、実は、もの凄く勤勉家でもあるので、あの肉体美も血のにじむような努力の賜物だと思います。『女性に見てもらいたい』と言いつつ、しっかり男性ファンも釘付けにするエロスを表現しているのも、戦略として大成功だと思います」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る