川口春奈“ジャンヌダルク”扱いも…代打出演で背負うリスク

公開日: 更新日:

「局内ではリスペクトを込めて、彼女のことを“ジャンヌ”と呼んでいます。説明するまでもありません。フランスの国民的ヒロインであるジャンヌダルクのことですよ。まさにNHKの救世主と言っても過言ではない」

 局内事情を某NHK幹部が喜々として耳打ちする。2020年に放送される大河ドラマ「麒麟がくる」に出演予定だった沢尻エリカ(33)が麻薬取締法違反(所持)容疑で逮捕されたのは今月16日のこと。

「沢尻が演じていたのは斎藤道三の娘で、後の織田信長の正妻・帰蝶(濃姫)役。すでに計10話分を収録し、主人公・明智光秀(長谷川博己)と絡むシーンも多く、事実上のヒロインとも言うべき重要な役どころだった」(制作関係者)

 こうした緊急事態にNHKサイドが局を挙げてようやくキャスティングしたのが川口春奈(24)だった。一連の顛末を「本当に奇跡だ」と絶賛するのは多くのヒットドラマを制作してきたフリーのディレクターだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る