沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

公開日: 更新日:

 沢尻エリカ(33)逮捕の芸能界への影響はメガトン級だ。「レノアハピネス」(P&G)、「ほろよい」(サントリー)、求人情報サイト「インディード」などのCMの違約金を含め、賠償金は5億円以上にふくれ上がるとみられる。

 とりわけ影響が大きいのは、来春1月5日スタート予定の大河ドラマ「麒麟がくる」だ。沢尻は準主役で出演しており、10話前後まで撮影済み。NHKは代役を立てての撮り直しを検討しており、最悪の場合、放送開始日に間に合わず、延期に追い込まれる可能性もあるというのだ。

 前代未聞のこうした事態に、同ドラマで主人公の明智光秀を演じる長谷川博己(42)が激怒しているとの情報が出回っている。長谷川の所属事務所の担当者は言葉少なにこう答えた。

「作品に関わってきた人はみなさん同じ気持ちだと思いますが、非常に残念でがっかりしているのは事実です。現在は作品を届けたい一心でNHKさんとも協議を重ねている最中です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  7. 7

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る