てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

相方を輝かせるEXITりんたろー。の100%完璧じゃない生き様

公開日: 更新日:

「(りんたろー。は)最近『いい人』だと言われすぎて、ランナーズハイみたいな『いい人ハイ』になっている」(宮下草薙・草薙航基/テレビ朝日「ロンドンハーツ」11月12日)

「宮下草薙」の草薙航基とEXITの兼近大樹は、キャラが正反対なのにプライベートでも大の仲良しだというのは有名だ。そんな草薙が兼近の相方である、りんたろー。(33)を評した言葉を今週は取り上げたい。

 実際、彼らはテレビに出始めて早々、「チャラ男なのに真面目」と暴かれ、兼近の過去の逮捕歴が明るみに出た際も、相方を守り続けたりんたろー。は「チャラ男なのにいい人」という評価に拍車がかかった。

「チャラ男なのに真面目」といわれるバックボーンのひとつになっているのは、りんたろー。が8年間、介護のバイトをしていたことだろう。「介護=しんどい」というイメージを持たれがちだが、りんたろー。にとっては「“与えられたことをやるだけ”の居酒屋とかパチンコ屋のバイトのほうがよっぽどしんどかった」(Cyber Now「新R25」19年10月16日)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る