てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

相方を輝かせるEXITりんたろー。の100%完璧じゃない生き様

公開日: 更新日:

「(りんたろー。は)最近『いい人』だと言われすぎて、ランナーズハイみたいな『いい人ハイ』になっている」(宮下草薙・草薙航基/テレビ朝日「ロンドンハーツ」11月12日)

「宮下草薙」の草薙航基とEXITの兼近大樹は、キャラが正反対なのにプライベートでも大の仲良しだというのは有名だ。そんな草薙が兼近の相方である、りんたろー。(33)を評した言葉を今週は取り上げたい。

 実際、彼らはテレビに出始めて早々、「チャラ男なのに真面目」と暴かれ、兼近の過去の逮捕歴が明るみに出た際も、相方を守り続けたりんたろー。は「チャラ男なのにいい人」という評価に拍車がかかった。

「チャラ男なのに真面目」といわれるバックボーンのひとつになっているのは、りんたろー。が8年間、介護のバイトをしていたことだろう。「介護=しんどい」というイメージを持たれがちだが、りんたろー。にとっては「“与えられたことをやるだけ”の居酒屋とかパチンコ屋のバイトのほうがよっぽどしんどかった」(Cyber Now「新R25」19年10月16日)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る