サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

公開日: 更新日:

 22日に生放送された「M―1グランプリ」決勝戦。史上最多の5040組のエントリーの中から、見事栄冠を手にしたのは結成12年目のミルクボーイ。決勝に進出した10組のうち7組は決勝戦初出場という、フレッシュな顔ぶれが揃う決勝となった。

 しかし、その10組の中から「最終決戦」に駒を進めた3組(ミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱ)と、ミルクボーイの優勝をツイッター上で“予言”していた人物がいた。

 ツイートしていたのは、芸人のサンキュータツオ(43)。タツオはお笑いコンビ「米粒写経」として活動する傍ら、早稲田大学大学院で日本語やお笑いを研究。現在は一橋大や成城大で講師を務める“学者芸人”だ。

 タツオは12月4日に開催された準決勝で、25組が9組に絞られた時点でこうツイートしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る