YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

公開日: 更新日:

 ユーチューバーで186万超えの登録者数と、総再生回数7億6900万回のヴァンゆん。ルックスのいい男女の人気コンビが昨年、ユーチューバーとして初の芸能プロ入りを果たして話題に。もともとタレント志望のゆん(写真右)は、デビュー前には父の会社を継ぎ、動画投稿を始めた頃はお金がないため、コーンフレークで毎日をしのぐ貧乏つづきで……。

  ◇   ◇   ◇

 高校の頃に、友達が地元・名古屋のアイドルオーディションの用紙を持ってきて、「みんなで受けようね!」って約束したんですけど、翌日になって確認したら、誰も応募してなくて、出したのは私だけ……。友達から「アイドルを目指したら!?」とはチョイチョイ言われていたけど、一歩が踏み出せなかったから、私に受けさせたくて、考えた作戦だったらしいんです。

 それがきっかけで一歩踏み出し、その後もアイドル活動を頑張っていました。しかし、少しずつファンが増え始めた時期にお父さんが病気で亡くなってしまいました。父は地元で人材派遣の自営業を経営していて、母はフィリピン人なので、日本語や文字を書いたり読んだりするスキルも完璧ではなかったので、長女の私が父の会社を継がなきゃならなくなり、アイドル活動を断念しました。当時22歳だから、3年前です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  6. 6

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る