ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

人生に2度死んだ男<1>「なんだ円楽じゃないんだ」の声…

公開日: 更新日:

 クルクルクル、カターン! ピーポーピーポーピーポー。夜の住宅街に鳴り響く救急車のサイレン、そして救急隊員のタンカに乗せられ運ばれる男は「ウウウ……し、し、死ぬ~」、それを取り囲む人々の手には画像を撮ろうと握られたスマホや携帯電話が……さらにその群衆たちは「えっ、円楽さんじゃないんだ?」と口々に不思議な声をあげるのであった……。

「し、し、死ぬ~」と意識を失いそうになっているのはまさしく俺だ~!! ということで、今回は2010年の中野区のわが自宅前に俺の人生ルーレットは止まったようである。

 例えば、あなた、「いや~、死ぬかと思った」という言葉を口にした記憶はありませんか? たいがいの人が人生において数回は発していると思うのです。では、さらにお尋ねしますが、もしその時の状況が悪い方に出ていたら、「本当に死んでました?」。そーなると死んでたと答える人は極端に少なくなるのではないでしょうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る