ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はオフィス北野の専務取締役。

人生に2度死んだ男<1>「なんだ円楽じゃないんだ」の声…

公開日: 更新日:

 クルクルクル、カターン! ピーポーピーポーピーポー。夜の住宅街に鳴り響く救急車のサイレン、そして救急隊員のタンカに乗せられ運ばれる男は「ウウウ……し、し、死ぬ~」、それを取り囲む人々の手には画像を撮ろうと握られたスマホや携帯電話が……さらにその群衆たちは「えっ、円楽さんじゃないんだ?」と口々に不思議な声をあげるのであった……。

「し、し、死ぬ~」と意識を失いそうになっているのはまさしく俺だ~!! ということで、今回は2010年の中野区のわが自宅前に俺の人生ルーレットは止まったようである。

 例えば、あなた、「いや~、死ぬかと思った」という言葉を口にした記憶はありませんか? たいがいの人が人生において数回は発していると思うのです。では、さらにお尋ねしますが、もしその時の状況が悪い方に出ていたら、「本当に死んでました?」。そーなると死んでたと答える人は極端に少なくなるのではないでしょうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る